CDのデータ復元修理・復旧修復のご案内 - データ復旧サービス

Go to content

Main menu:

CDのデータ復元修理・復旧修復のご案内

サービスについて > 各メディア
CDのデータ復旧
CD
CDの傷や劣化による認識しないトラブル時にファイルやデータを取り出し復元します。CDの修理や削除してしまったデータの修復および復活と故障相談や復旧方法のご案内、価格のご説明をお受けしております。


CDのトラブルとは
CD
持ち運びが便利でバックアップにもなるCDにはそれぞれの記録方式(フォーマット)とドライブ(読取装置)があります。汎用性はありますが、そのメディアが利用できるパソコンが故障してしまうとデータが読み取れなくなってしまう事があります。

よくあるトラブルとしては、バックアップとして長期保存されていても、劣化や変形やキズ・カビによる破損のため認識しなくなったり、データを削除してしまったり文字化け・読み出し出来ない等の論理エラーがあります。

データ破損が発生してしまうと、パソコンではデータを取り出すことができなかったり、媒体内全体の情報を結合しなければデータを復元できなくなってしまう場合があります。


よくあるトラブルの例
CDを認識しない
フォルダを開けない
上書きしてしまった
データを削除してしまった
記録面やラベル面に傷をつけてしまった
初期化やフォーマットをしてしまった
フォルダやファイルが表示されるのに開くことができない
ファイルまたはディレクトリが壊れていると表示される
データ転送中にエラーとなってしまう
フォルダやデータ名が文字化けしている
フォーマットしますかと表示される
容量が正しく認識されない
中身が空になってしまった
CRCエラーになってしまう
書き込みに失敗してしまった
デバイスの準備ができていませんと表示される
ディスクを挿入してくださいと表示される
CDの原因について
様々なトラブル

データを削除してしまった。フォーマット(初期化)してしまった。突然アクセスできなくなった。認識しない、読み取りエラー等、CDのトラブルはさまざまでその原因も多岐に渡ります。弊社ではトラブルを原因毎に大きく2つに分けており、機器トラブルとデータ自体のトラブルとしてそれぞれに対応したサービスを行っております。

・機器トラブル
機器トラブルは、CDやドライブ(読取装置)が物理的に破損して発生するトラブルの事です。メディアの傷や変形だけではなく、ドライブの挿入部分や回転部分、基盤や回路が故障して発生するトラブルになります。

・データトラブル
利用者の操作ミスや、アプリケーションまたはプログラム動作に起因して発生するトラブルの事です。
いつも通りに利用していても突然発生することもあり原因や解決策が特定できないケースも多いトラブルです。


よくある機器トラブルの原因
CDを落としてしまった
何度も挿入排出を繰り返してしまった
パソコンに差したまま衝撃を加えてしまった
埃の多い環境や高温になる場所での長期利用
水をこぼしてしまった、水没してしまった
よくあるデータトラブルの原因
CDをフォーマットしてしまった
データを上書きしてしまった
データを誤って削除してしまった
データ保存中に抜いてしまった
動作中にメディアをイジェクトしてしまった
ウィルスに感染してしまった

機器の故障によりデータが壊れることもありますし、操作ミスだけではなくコンピュータウィルスやアプリケーションの動作により大切なデータが取り出せなくなってしまうことがあります。このような場合原因が分からないだけではなく、メーカに修理を依頼してもデータの救済が行われないケースもあります。


壊れたCDからのデータ復旧方法について
復旧方法イメージ

トラブル時にデータを復旧させるためには適切な対応が欠かせません。特にCDに物理エラーが顕著に発生している場合は、手順や方法を誤るとデータ復旧の可能性が低くなってしまいます。

弊社では豊富な過去事例と適切な初期診断により得られた情報をもとに、データ破壊を最小限に抑えるサービスを行っております。具他的には、
各ステップでお客様機器の状態を維持することを前提とした作業方法を検討実施し、データ損失の防止に努めております。

お客様のご希望により、
当日復旧・復旧優先作業も行いますが、事前にデータ保全の必要性をご説明し、ご説明の上作業を行うように徹底しております。


CD復旧料金のご案内
CD(CompactDisc)
1,500円~
※物理的破損及び物理エラーは、別途御見積り致します。

様々なメディアからのデータ復旧事例をご紹介します
マルチセッションではなく上書きしてしまった
サービス種別
DVD(DigitalVersatileDisk)
症状・状況
バックアップ媒体としてDVDを利用されていました。しかし、ラベル付けをしていない媒体があったため誤って上書きしてしまった。
復旧作業内容
マルチセッションではなく上書きしてしまったケースですが、データ解析を行い即日復旧致しました。
マルチセッションではなく上書きしてしまった
サービス種別
DVD(DigitalVersatileDisk)
症状・状況
データを追記しようとしたが誤ってマルチセッションではなく上書きしてしまった。
復旧作業内容
媒体内データを強制的に取出し、復元修復致しました。
保存していたデータが開けなくなった
サービス種別
フロッピーディスク(FPD)
症状・状況
利用中のフロッピーディスクが突然、「デバイスの準備ができていません」「フォーマットされていません」と表示されるようになり、保存していたデータが開けなくなった。
復旧作業内容
データをイメージ化した後、ファイルシステムの復元、VMware仮想フロッピーイメージに変換し納品させていただきました。
データリードエラーとなってしまう
サービス種別
DVD(DigitalVersatileDisk)
症状・状況
数年ぶりに再生しようとした動画がまったく再生できなくなっており、復元依頼をいただきました。
復旧作業内容
媒体内データを通常の読み取り方法ではなく、強制的に取出しました。取り出し後、破損していたインデックスを修復しデータを復元しました。
マルチセッションの修理復元
サービス種別
DVD(DigitalVersatileDisk)
症状・状況
マルチセッションで書き込んだのに以前の情報が見えなくなった。
復旧作業内容
マルチセッションデータの解析を行い、以前のデータ箇所を特定、セッション情報復元、データ修復を行いました。
動画がまったく再生できない
サービス種別
CD(CompactDisc)
症状・状況
数年ぶりに再生しようとした動画がまったく再生できなくなっていた。
復旧作業内容
媒体内データを強制的に取出し、破損していたインデックスを修復しました。CD-R媒体の保存寿命は2~3年程と他のメディアに比べ比較的短いのですが、完全に壊れていなかったのが幸いしました。
フォーマットされていませんと表示されてしまう
サービス種別
フロッピーディスク(FPD)
症状・状況
フロッピーをセットしても、フォーマットされていませんと表示されてしまう。
復旧作業内容
強制読み取り後、ファイル毎の復元を行いました。
デバイスの準備ができていませんと表示されてしまう
サービス種別
フロッピーディスク(FPD)
症状・状況
デバイスの準備ができていません、フォーマットされていませんと表示されデータが開けない。
復旧作業内容
データをバイト単位で取出しイメージ化した後、ファイルシステムの修復を行いました。VMware仮想フロッピーイメージに変換し納品させていただきました。
誤って上書きしてしまった
サービス種別
DVD(DigitalVersatileDisk)
症状・状況
バックアップ媒体としてDVDを利用されていました。しかし、ラベル付けをしていない媒体があったため誤って上書きしてしまった。
復旧作業内容
マルチセッションではなく上書きしてしまったケースですが、データ解析を行い即日復旧致しました。
データが読み込めなくなっている
サービス種別
CD(CompactDisc)
症状・状況
長期保存していた媒体のデータが読み込めなくなっている。
復旧作業内容
物理的に記録情報に破損が生じていましたが、最小単位での読取を試行しデータの修復を行いました。
お問い合わせ
お問い合わせのご案内
お問い合わせのご案内
ご相談・お申込み
「元に戻るの?」
「どうしたらいいの?」
「料金を知りたい」


または

・受付9:00-21:00


WCSJPデータ復旧サービスは、株式会社ウェブコマーシャルサービスのサービス名称です。また、本サイトに記載されている商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
 
Copyright 2016. All rights reserved.
Back to content | Back to main menu